美容外科についての概要

###Site Name###

「美容外科」とは、独立した標榜科の一つで、主に美容的な価値観に基づいて施術を行う外科学のことです。

骨や筋肉の機能的な回復を目的にした「整形外科」や、先天的もしくは後天的な人体変形に対する正常化施術を行う「形成外科」などとよく間違われやすく、いわゆる整形手術は美容外科が取り扱う施術であり、整形外科や形成外科とは直接的な関係はありません。

話題の大阪の美容外科についての情報はこちらです。

主な施術行為としては、脂肪吸引、豊胸手術、腋臭症治療、多汗症治療、脱毛などがあり、これらの施術に使用される未承認のボトックスやシリコンなどの薬剤や挿入物などは、診療所の医師が個人の判断で輸入した物であり、安全性については国の基準に基づいて使用している訳ではないことを認識しておく必要があります。



また、美容外科の医師を名乗ることは医師免許を保有していれば誰でも可能である為、経験や技術が未熟な医師が美容外科の診療所を開業し、医療事故を起こす事例などが多数、報告されています。

広告についても医療法に基づいた規制やガイドラインをきちんと守らず、誇大広告や比較広告を雑誌やネット上に載せる例が後を立ちません。


近年では、その高い収益性から大学病院などでも美容外科を設置する所が増加しています。

世界的にはアメリカや韓国、中国、ブラジルなどで需要が高く、有名なセレブや、芸能人なども利用するなど年々身近な存在となってきています。

しかしながら、医療事故が一旦起きると命を落とす危険もあることを頭の片隅に留めておくべきでしょう。





PAGE TOP